建世会とは

小樽建設協会建世会は、青年経営者としての資質を向上させ、建設業の総合的な改善発達を図ることを目的に発足しました。経験豊富な先輩たちが支える小樽建設協会において、若手経営者など、次世代を担う青年後継者の集まりです。脈々と続く先輩たちが築いた地域での活動の成果を守りながら、地域住民の方々の支援や、自助努力による技術・サービスの向上を糧に、地域のために活動をすすめております。いざという時には若さと軽快なフットワークで駆けつける、地域の安全・安心の象徴として任務を果たしております。


建世会の活動

令和4年度(2022年)

会 長菊地 真輔菊地建設鉱業(株)
副会長柏谷 匡胤横関建設工業(株)
志比川 潤(株)志比川組

■ 事業計画指針

『未来を創造する建設業の魅力を発信』 

    近年、全国各地で度重なる震災や豪雨災害が発生する中、被害を最小限に抑え復旧作業を行う地域建設業の役割は一層大きなものになっています。
    しかし、人口減少・少子高齢化が進む中、建設業界の将来に向けた技術者や技能者の担い手の確保・育成が大きな課題となっている状況にあります。
    特に若年層の就業割合が低く地域建設業の持続的発展が危ぶまれていることから次世代を担う若者から選ばれる産業になることが求められていると考えます。
    当会としましては、将来を担う若年層に向けた現場見学会や出前講座を行うと共に、アフターコロナを見据えた新たな発想で幅広い世代に建設業の果たす役割や必要性を説明すると共に、ICT施工による生産性の向上、働き方改革の取組をしっかりと伝え、未来を創造する建設業がより魅力的であり誇りが持てる仕事と認識され若者が建設業で働きたい・働き続けたいと思うような業界となるよう鋭意努力して参ります。

    我々は青年経営者としての責任と自覚を持ち、自己研鑽と会員相互の親睦を図り、地域・関係機関との情報交換を行いながら今年度の事業に取り組んでまいります。 


令和3年度(2021年)

会 長菊地 真輔菊地建設鉱業(株)
副会長柏谷 匡胤横関建設工業(株)
志比川 潤(株)志比川組

■ 事業報告

令和3年度(2021年)に行った事業について、ご報告いたします。

3月15日 小樽開発建設部 勉強会 (小樽開発建設部)
3月17日 小樽開発建設部 勉強会 (小樽開発建設部)
7月19日 倶知安農業高校 現場視察研修 (白木建設工業㈱ 現場)
10月2日 高速道路体験バスツアー2021 (余市〜札幌)

令和3年3月15日
小樽開発建設部との勉強会
(小樽開発建設部)

令和3年3月17日
小樽開発建設部との勉強会
(小樽開発建設部)

令和3年7月19日
倶知安農業高校 現場視察研修
ICT施工について出前講座

令和3年7月19日
倶知安農業高校 現場視察研修
白木建設工業㈱の現場にて
現場説明

令和3年7月19日
倶知安農業高校 現場視察研修
ドローンによる記念写真撮影

令和3年10月2日
高速道路体験バスツアー2021
(余市〜札幌)
記念撮影

令和3年10月2日
高速道路体験バスツアー2021
(余市〜札幌)
新稲穂トンネル工事見学にて
トンネル内部での記念撮影

令和3年10月2日
高速道路体験バスツアー2021
(余市〜札幌)
余市町 登川地区工事見学にて
工事概要の説明

令和3年10月2日
高速道路体験バスツアー2021
 (余市〜札幌)
余市町 登川地区工事見学にて
ドローン体験

ページのトップに戻る
トップへ戻るボタン