会長ご挨拶

 小樽建設協会のホームページにアクセスいただきまして、大変ありがとうございます。
 小樽建設協会は、北海道後志地域に根ざした建設業者をもって組織しております。建設事業に関する経営と技術の研究を行い、業界の発展・地位向上に努め、地域社会に貢献することを目的として積極的な活動を行っております。

 当協会は、昭和28年に建設業者の親睦と地域の発展のために発足した後志小樽土建協会がそのルーツです。同40年に小樽建設業協会と合併、平成16年に後志建設事業協会と合併し今日に至っております。

 我が国は今、過去のデフレと公共投資削減により地域経済が疲弊している状況にあります。しかし一方では、国土強靭化基本法が成立し、強靭化対策、防災・減災に向けての取り組みや、社会資本の老朽化対策などの公共事業を安定的に推進できる体制が整いつつあります。

 当協会が所在する北海道後志管内におきましては、地域と住民を守る防災体制、緊急医療体制や豊富な観光資源の活用の為の社会資本整備が不十分な状態です。そのためにも、新幹線の札幌延伸、北海道横断自動車道、原発立地地区としての避難道整備などの早期実現が望まれているところです。

 建設業界は、これまでも経済・雇用の確保など地域の中心的役割を果たしてきましたが、東日本大震災をさかいに、災害時の緊急対応、老朽化したインフラの改修と維持管理等、住民の命を守る砦として地域社会に密着した新たな役割が求められております。そして、喫緊の課題であります、若手技術者・熟練技能者の育成、待遇改善など,将来を見据えた魅力ある建設業の創造にも力を注いでいかなければなりません。

 これまで地域に支えられ成長してきた私どもは、そのご恩に報いるためにも、これからも個々の企業の経営基盤強化を図り、地域貢献に汗を流し、地域に必要とされ、将来の担い手である若者や子供達が夢と希望のもてる業界になるよう励んでまいります。今後とも皆様のご理解と、なお一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

小樽建設協会 会長 吉本 正則
ページのトップに戻る
トップへ戻るボタン